●OutlookExpress/WindowsMailを使うのはやめましょう

 Outlook Expressと、その後継ソフトであるWindows Mail(Vistaに搭載)には、初期設定に根本的な問題が潜んでいるため、初心者がそのまま使うと、知らないうちにネット社会に迷惑を広げる加害者になってしまいます。
 初心者であればあるほど、このような「危険物」を使うのはやめたほうがいいでしょう。メールソフトはOutlook Expressだけではありません。フリーソフトにはnPOPやEdmaxフリーバージョンがありますし、シェアウェアには、Becky!、ALMAIL、秀丸メールなど、優秀なソフトがいくつもあります。
 詳しくはお勧めメールソフトガイド
 Outlook ExpressとWindows Mailをまともに使うためには、最低限、デフォルト(初期)設定を変えることが必要です。どうしてもOutlook Expressを使いたいというかたは、インターネット上の最低限度のエチケット、義務として、以下のようにデフォルト設定を変更してください。
 なお、Mozzilaが提供しているThunderbirdもOutlook Express同様の初期設定になっているので、以下のような設定変更が必要です。
 1. まず、左側の「受信トレイ」フォルダを選択(クリックして反転表示)し、上のメニューバーの「表示」→「レイアウト」で、[プレビューウィンドウを表示する(P)]のチェックボックスを無効にします。これで、HTMLに仕込まれたウイルスを自動実行してしまう危険を最低限度は回避できます。
プレビュー画面を殺す
 2. 次に、メニューバーの「ツール」→「オプション」→「送信」で、送信形式の設定画面を出します。
 3. 下の画面を参考にして、「メール送信の形式」を「HTML形式」から「テキスト形式」に変更してください。
 4. ついでに、「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックも外してください。
 5. 自動接続もOFFにしてください。短い時間での自動接続は、自分のコンピュータだけでなく、メールサーバーにも不要な負担をかけ、同じサーバーを利用している他のユーザーに迷惑をかけます。  
Outlook Expressのデフォルト設定画面

 デフォルトではこうなっていますが……
 このように変更してください。

Outlook Express5設定画面
 ↑このように変更してください。

自動接続は設定しない!
↑「新着メッセージをチェックする」のチェックボックスを外す!


 なぜこうした変更が必要なのか、簡単に説明しましょう。
 OutlookExpressを使っている初心者の多くは、デフォルト(初期設定)のまま使っているため、相手にとんだ迷惑なメールを送りつけているのに気づいていません。

★同文のhtmlを添付する迷惑

 「了解。じゃあ、明日3時にいつものところでね」などというほんの1行のメールなのに、それをわざわざhtmlで表示する添付ファイルをくっつけて送信してしまう……こんな迷惑なことはありません。
 内容がテキストだけなのにHTMLメールを送付するのは非常識です。
 また、メーリングリストへの投稿や、メーリングリストへの参加、退会のコマンドメールなどは、HTMLでは正しく処理されないため、他の参加者やサーバー管理者に多大な迷惑をかけることになります。
 このような問題を承知の上で、最初からHTMLメールを送信するように設定されているOutlook Expressというソフトは、それだけで常軌を逸したソフトであると言えます。ウイルスメールの設計者も、そうしたOutlook Expressの「余計なお世話仕様」につけ込んで、HTMLメールの脆弱性を利用しているのです。
 また、昨今ではspam(無差別広告迷惑メール)が急増し、インターネット上を流れるメールの9割はspamといわれていますが、海外からのspamのほとんどはHTMLメールです。HTMLメールを受信拒否すればspamの大半を撃退できるため、「HTMLメールは受信しない」というspamフィルタを設定しているメールサーバーやメールソフト利用環境が増えてきました。また、HTMLメールには各種のウイルスも仕込めます。テキストで済むのにHTMLメールを送信した場合、受信拒否をされても文句は言えないことを知っておくべきです。
◆詳しく知りたいかたはこちらのページなどをご参照ください。HTMLメールの危険性について詳細な解説がされています。

★自動接続はサイバーテロリストを生む

Outlook Express(及び、Windows Mail、Thunderbird)の初期設定で最も注意するべきことは、間違ったアカウント設定を自動接続のまま放置することです。これはメールソフトが不正アクセスを勝手に繰り返すことになり、あなた自身が、自分では気づかないままサイバーテロリストになることを意味します。実際、こうした間違ったアカウントの放置と自動接続の組み合わせが、数秒おきの自動アクセスを生み、メールサーバーを不正アタックし続ける例が多数あります。
同様に「起動時にメッセージの送受信をする」もチェックを外してください。
Outlook Express、Windows Mail、Thunderbirdは、デフォルトで自動接続する設定になっていますので、十分にご注意ください。

★相手のメールをそっくりそのまま添付する失礼

 A君がBさんに、数日かけて、長文のプロポーズメールを書いて、清水の舞台から飛び降りた気持ちで送信したとします。
 受け取ったBさんは感激し、「いいわ」と一言返信したとします。これだけなら一生に残る素敵な想い出になるはずなのに、その「一言」の返信メールに、A君が書いたプロポーズメールの全文がズラズラと添付されていたらどうでしょう。興ざめどころか、なんって失礼な女だと、気が変わってしまうかもしれません。
 これもOutlookExpressユーザーが知らずに行っている失礼メールの例です。
 「返信に元のメッセージを含める」のチェックを外すのは、そうした失礼を回避するためです。
 また、相手がHTMLメールを送ってきた場合、「受信したメッセージと同じ形式で返信する」がチェックされていると、こちらにそのつもりがなくても、返信メールが同じHTML形式になってしまいます。これも外しておきましょう。

◆他にも、次のようなWEBページでOutlook Expressの設定に関する注意を喚起しています。参照してみてください。
PCWEBの特集記事  (特に6ページ目のOutlook Express設定法は必読)
Tokyo Suburban Paradise「Outlook Expressをご利用の皆様へ」
次へお勧めメールソフトのご案内へ  次へメールソフトの設定ガイドへ  

ドメインゲットコムへドメインゲットコムへ
ドメインゲットコムのTOPへ