━━━━━━━━━ 独立メールボックス(POP3)オプションの使い方 ━━━━━━━━━

★独立メールボックスオプションのご利用方法を解説しています。お使いのメールソフトによって用語や設定情報に違いがありますが、基本的には、 の情報を設定してメールソフトに新しいアカウントを作成すれば送受信できるようになります。

メールソフトに新しいアカウントを設定する

以下の設定情報でお使いのメールソフトに「新しいアカウント」を追加設定してください。

受信関連:
●POPサーバー名:Enetからお知らせしているPOPサーバー名(mail.ドメイン名、mail1.ドメイン名など)
●POPユーザー名:設定したメールアドレス(tanaka@abc.com など)※追加した「別名」アカウントは送信者名や受信アドレスとしては使えますが、サーバーにログインするログインユーザー名としては使えません
●POPパスワード:通知されたPOPパスワード

送信関連:
●SMTPサーバー名:Enetからお知らせしているSMTPサーバー名(mail.ドメイン名、mail1.ドメイン名など)
●認証形式:ユーザー認証が必要(SMTP Authentication)をチェック
      内容はPOP認証と同じユーザー名(メールアドレスと同じ)とパスワード
●SMTPサーバーポート番号:587 (デフォルトは25になっているので587に変更のこと!)
●POP3サーバーポート番号:110 (デフォルトのまま)
●メールアドレス:設定したメールアドレス(POPユーザー名と同じ)
●送信者の名前:お好きなように設定(ただしASCII文字のみのほうが安全)

これで送受信ができます。
「メール受信後、メールをサーバーに残さない」設定でお使いください(通常、メールソフトのデフォルト設定はそのようになっているはずです)。「受信後もメールをサーバーに残す」設定にしますと、受信後も知らないうちにメールがどんどん溜まってしまい、メールボックスがパンクして新規メールの受信ができなくなってしまいますのでご注意ください。

なお、メールソフトにつきましては、EdMaxや秀丸メールなど、なんでもかまいませんが、OutlookやOutlook Expressはウイルスに弱く、設定が分かりにくいため使用そのものをお勧めしていません。
(メールソフトのご案内はこちら
Outlook Expressを使うのであれば、設定方法はこちらをご覧ください。

WEBメール機能

HordeというWEBメールソフトをご用意しています。
Hordeは世界的に最もよく使われているWEBメールソフトですが、英語仕様のソフトを日本語化しているため、いくつかの初期設定をしないとエラーが出て送信できません。ご利用の前に、必ず以下の初期設定をしてください。

WEBブラウザから、http://webmail.ドメイン名/ にアクセスしてください。以下のような認証画面が現れます。
ログイン画面

メールアドレス(これが認証IDを兼ねています)とパスワードを入力して、LOGINアイコンをクリックすると、WEBメール画面に移ります。

初期設定1-タイムゾーンの設定


「オプション」⇒「共通オプション」⇒「地域と時間」で、タイムゾーンの設定を行ってください。

初期設定2-送信済みフォルダの設定

Hordeの日本語版はデフォルトのまま使うとメール送信控えフォルダが未設定のままになっているためにエラー表示がでます。使い始める前に、必ず「送信控えフォルダ」を設定してください。

↑送信後の保存フォルダを設定しないまま送信するとこのようなエラーが表示されます

「オプション」⇒「電子メール」⇒「個人情報」と進み、いちばん下にある「送信メールの控えを保存しますか?」のチェックを入れ、その下の「送信控えフォルダ」を設定し直してください。
通常はSentで問題ありません。

「オプション」⇒「電子メール」⇒「個人情報」と進む


「送信控えフォルダ」をSentに再設定し、「保存」する。


もし、プルダウンメニューに「Sent」がない場合は、「送信控えフォルダを新規作成」で作成してから指定し、「オプションを保存」してください。この名称は「Sent」にしてください。

「個人情報」の氏名欄に日本語文字を使わない

ここには日本語を入れない
「オプション」⇒「共通オプション」⇒「個人情報」のところで、使用者の氏名とメールアドレスを入れるところがありますが、この「氏名」に日本語文字を使うと、Hordeでは送信の際にエラーが出ます。日本語文字をここに入れないでください。
電子メールのヘッダにはなるべく2バイト文字(日本語)を使わないことがトラブルを減らすことになります。 受信者の環境(メールソフトやOS、言語など)によっても文字化けなどの原因となりますので、氏名欄は空欄のままにするか、入れるのであれば欧文(半角ローマ字)で「Taro Yamada」などとしてください。
設定後は必ず「オプションを保存」で保存してください。保存しないと設定内容が反映されません。

「個人情報」に日本語文字が入っている場合に起きる送信不能エラー↑

「個人情報」の氏名欄、ID欄に日本語が使われていると、↑このようなエラーが出て送信できません。
上記の送信画面で「文字セット」をUnicode(UTF-8)に変更すると送れますが、まれに受信者が古いメールソフトを使っている場合などは文字化けを起こす可能性があります。
その他予期せぬトラブルの確率を下げるためにも、「個人情報」の氏名、ID欄は必ず半角のローマ字表記にしてください。

↑個人情報の氏名とID欄は、必ず半角ローマ字表記にしてください。空欄のままでもかまいません。

ホワイトリストを作成する

重要な相手のメールアドレスは、ホワイトリストに指定することで取りこぼしのリスクを下げられます。
「オプション」⇒「フィルタ」⇒「ホワイトリスト」で追加設定し、保存してください。
※こちらからのサポートメールや更新のご案内メールが確実に受け取れるように、このホワイトリスト欄には、「@enetjp.net @enet.cc @enet-corp.com @enetj.com」 を追加してください。

同様にブラックリスト(受信拒否設定)や、仕分けルールなども設定可能です。
設定後は必ず「保存」アイコンをクリックして保存してください。


logout
すべて終了したらここからログアウトしてください。


【重要】スタンダードコースのメール転送との併用はできません

POP3オプションを御利用中は、スタンダードコースまたはスタンダードホスティングパックでのメール転送を設定しないでください。転送設定をすると、自動的にPOP3オプションが無効化され、戻せなくなります。
ドメイン管理画面からは、URL転送のみ設定してください。
また、host設定やメール設定にはPOP3オプションご利用が可能になるための設定が施されていますので、変更しないでください。
ドメイン管理画面からMX(メールサーバー)関連のZONE設定変更やDNS変更などをすると、POP3オプションが無効化されます。

お断り

Hordeに限らず、WEBメールはOSやブラウザに大きく依存するソフトです。OSやブラウザによって動作が違ってきたり、動作しないことがあります。
また、このWEBメール画面では、spamフィルタや住所録の設定なども行えますが、機能保証はしていません。
また、すべてのOS、ブラウザに対応しているかどうかの検証もできません。特にスマホやタブレットなどでの動作は環境が多数存在するため検証できません。OSやブラウザなどの相性問題で不具合などが生じても対応できません。
通常はメールソフトによるPOP3でのご利用をお勧めいたします


POP3オプションの内容変更申請はこちらからお願いします。